太陽光発電システム設置までの流れ

太陽光発電徹底調査サイト

動機を考え、見積もりしてもらい、現地調査をし、正式契約、補助金申請、電力会社と契約できたら、太陽光発電運転開始です。

太陽光発電システム設置までの流れ

まず、初めにこの太陽光発電システムを導入する目的、動機を考えます。

というのはこれを導入すると、10年以上の長い付き合いになるので、太陽光発電の基礎知識を身につけておく必要があるでしょう。

また補助金などをふくめた予算についても考えます。

動機が固まり、導入を決めたとしたら、太陽光発電システムの販売施工会社に見積もりを依頼しましょう。

この時に、覚えておきたいのは、家の屋根の向きと形状です。

見積もりで、おおよその工事費用や発電量がわかります。

次に会社に現地調査をしてもらいます。

屋根の向き、角度で発電量が変わってくるからです。

また屋根の強度も調べないといけません。

現地調査終了後、ソーラーパネルの図面と最終的な見積書が提出され、内容を確認し、同意できたら、正式な契約を結びます。

このタイミングで、国や地方自治体への補助金を申請することになります。

そして設置工事をし、電力会社と売電契約できたら、運転開始となります。

おすすめアイテム

Yahoo! JAPAN