太陽光発電システムの仕組み

太陽光発電徹底調査サイト

太陽光発電の仕組みとそれに必要な物を説明しています。

太陽光発電システムの仕組み

太陽光発電とは、屋根の上にソーラーパネルを設置して、太陽の光エネルギーを電気エネルギーに変換することです。

この太陽光発電には、機器がいくつか必要になります。

例えば、太陽電池モジュールです。

これは、ソーラーパネルとも呼ばれますが、太陽電池を並べてパネル状にしたものです。

この枚数が多いほど、より多くの電力を発電できるようになります。

一番身近で、数が少なくてもいいものの中に、太陽電池式電卓があります。

もちろん、これは太陽電池とは比較できないぐらい大きな電力を生み出します。

なお、この太陽電池によって生まれる電気は直流です。

さらに別に必要な機器として、パワーコンディショナ・分電盤があります。

太陽電池モジュールで発電された直流電力を、家電製品で使えるような交流電力に変換する役目を担っているのが、このパワーコンディショナです。

ここで変換された電力は、分電盤に送られ、そこから各部屋のコンセントに送られます。


私どものおすすめです=太陽光発電比較探検隊|太陽光発電量をメーカー別に徹底比較

気になったリンク

おすすめアイテム

Yahoo! JAPAN